? NPO法人支援の会ひまわり

"ひまわり"のように、明るい生活を送るサポートをしています。

トップページ画像
ひまわり

透析患者さんの気持ちがわかる送迎サービスです。

ひまわりでは、週3回の通院に支援を必要としている透析患者のみなさまに"ひまわり"のように、いつも上を向き、明るい透析生活をしていただくための活動をしております。

 
イラスト

送迎サービスのご案内

ひまわりでは透析患者様の送迎支援を実施しております。通院の時に、利用ください。

  
イラスト

ボランティア募集のご案内

支援の会ひまわりの活動は、多くの方のボランティアによって支えられております。ぜひ、あなたのお力をお貸しください。

  
 

ごあいさつ

 NPO法人支援の会ひまわりは、発足以来20年になります。発足は、当時兵庫県腎友会で、阪神間を担当していた阪神支部の仲間が集まり、10〜20年後に自分たちは週3回の透析が本当に自分で通院できるのか?当時50歳前後の透析患者有志が数名集まり、毎日のように議論していました。

 その仲間の結論として、将来透析患者は高齢化に伴い公共の交通機関や自家用車を使っての自力通院が、不可能になる方が半数を超えるだろうと考えました。そして、透析患者の会自身で、透析患者の通院支援を行うことを決心しました。

 現在、自家用有償旅客運送者登録制度の認証を得て、白ナンバー車使用の有償送迎で、タクシー料金の半額程度の利用料で阪神間6透析施設約120名の透析患者さんの通院送迎を日曜以外、週6日約50名のボランティアの支援で実施しています。

理事長 小泉邦昭

対象地域